コンテンツへスキップ

食品の放射能測定器のスペック一覧

現在、全国各地で食品の放射能を測定するための機器を購入しようという動きが活発に出始めていることと思います。 私がお世話をさせていただいています「こどものたべもの基金」では、9月下旬に福島県二本松市にて設立される市民による放射能測定室のサポートをしている関係で、さまざまなメーカーの測定器の情報収集を行ってきました。食品の測定器は非常に高価なものですので、目的にあった機種選定をするための手助けになればと思い、収集した情報を共有させていただきます。価格については、直接メーカーに問い合わせて見積もりをとってご確認ください。 全てNaIシンチレーターによる測定器の情報です。

私は僧侶でありまして、全くの専門外の者ですので、以下参考程度にお読みください。

・メーカー名:応用光研工業 製品名:微量放射能測定装置 FNF401 価格:約430万円 自社製の3インチシンチレーターを使用。測定試料:1L メーカー保証検出限界値 20分測定10Bq/kg以下

・メーカー名:キャンベラジャパン 製品名:CJNAI 食品・放射能測定装置 価格:約515万円 2インチシンチレーター使用。測定試料:1L メーカー保証検出限界値 10分測定30Bq/kg

・メーカー名:ベルトールドジャパン 製品名:LB2045 価格:約300万円 2インチシンチレーター使用。測定試料400mL メーカー保証検出限界値:カタログには1Bq/kgとあるが、メーカーに問い合わせたところ、メーカー保証無し。

購入された方のブログhttp://wwtawwtar.blogspot.com/に「検出限界1Bq/kgの精度を出すには約1時間ほど計測する必要があります。10分だと50Bq/kg程度の精度になるようです。」 とありました。(追加2011/08/10)

・メーカー名:EMFジャパン 製品名:EMF211型ガンマ線スペクトロメータ 価格:約300万円 3インチシンチレーター使用。測定試料:350mL 検出限界値:土壌や水、農作物、海産物、畜産物などの15分間測定における実用的な測定下限(定量下限)は20Bq/kg、10分間測定における実用的な測定下限(定量下限)は25Bq/kgです。

http://www.emf-japan.com/emf/emf1/emf211.htmlに検出限界を1.0Bq/kg(試料として350cc専用ポリ容器に純水を入れた場合)とありますが、「空調が完備した部屋に設置して10~24時間バックグラウンド測定を行い、そのバックグラウンドデータを減算用データとして用いて10回連続して測定した結果の平均値です。」と注意書きがあり、実用的な下限値ではありません。実用的な下限値は、上記の15分で20Bq/kg程度ということですね。

ベルトールドジャパンに問い合わせた時に、カタログにある「1Bq/kg」をメーカー保証値としてくれなかったのも同様の理由なのでしょうか。詳細おわかりの方おられましたら、教えてください。

 

・もう一つ、最近話題になった測定器を紹介しておきます。

メーカー名:富士電機 製品名:食品放射能測定システム 価格:4300000円~

ベルトコンベアで流れ作業で12秒で測定できるというシステムですが、検出限界が高すぎます。政府の暫定規制値以上の食品をはじく程度の性能では不十分です。間違っても市民測定所では購入しないでください。こどもたちのために安全な食品を提供しようと測定器購入を検討されている農家の方も、もっと検出限界の低い機器の購入をお願いします。

以下、http://www.fujielectric.co.jp/about/news/11080102/index.htmlより転載

1.特長

(1) ベルトコンベアに載せるだけで、簡単に連続測定
(2) 簡単に放射性よう素、セシウムの基準値以下を判別
(3) 測定結果の印字が可能

2.主な用途

穀類、野菜類、肉、その他食品中の放射能測定

概略仕様

検出器 NaI(Tℓ)シンチレータ
検出限界(※1) 134Cs+137Cs 肉類(11.7kg) 約140Bq/kg(精密測定時約50Bq/kg)
米類(30kg) 約90Bq/kg(精密測定時約35Bq/kg)
葉菜類(10kg) 約250Bq/kg(精密測定時約100Bq/kg)
測定時間 全数測定12秒/精密測定120秒(※2)
測定可能サイズ 長さ100cm×幅50cm×高さ50cm以下
外形寸法 本体 W360mm×D865mm×H1350mm(コンベア除く)
質量 本体 約150kg(コンベア除く)
※1: 検出限界はBGおよび測定物(箱等)の形状により変動します。
※2:肉類の精密測定時間は、150秒となります。

 

 

追加情報(2011/09/27)
メーカー名:ATOMTEX 製品名:AT1320A 価格:130万円ほど 2.5インチシンチレーター使用 仕様の詳細は下記参照
国内総代理店 株式会社アドフューテック 「AT1320A カタログ」
イメージ 1
イメージ 2

 

■機種選定のポイント

・検出限界値

単にカタログに載っている数値を鵜呑みにするのでなく、メーカーに丁寧に問い合わせて、メーカー保証できる実用的な下限値なのかどうか確かめましょう。メーカー保証の限界値以下は、検出時間を長くすれば精度が高まるので測定可能は可能です。ただ、そのためには、もともとの性能がすぐれたものである必要があるでしょう。鉛の遮蔽の性能。シンチレーターの性能など。たんぽぽ舎や静岡の市民放射能測定所では、研究機関の協力のもと精度を確認した結果、3Bq/kgくらいまで測定できるとしています。私たちの二本松の測定室でも目指す精度です。

・シンチレーターのサイズ

シンチレータのサイズが3インチだと2インチの約3倍の感度になる(http://www.emf-japan.com/emf/emf1/emf211.htmlより)。精度を出していくためには大きい方がよい。

・測定試料の量

多いほうが、精度が出る。(市民測定所二箇所からの情報)

・メンテナンス

メンテナンス態勢がどうなっているかどうか。一年に一度は調整してもらったほうがいいので、その際の費用を確認。海外に送らないとできないのか、国内でできるのかなど。日本のメーカーのほうが安心だと思います。

・サポート態勢

メーカーにちゃんとした技術者がいるかどうか確認する。電話や出張してもらって測定指導を受けることができるだけの態勢があるのかどうかが大事。技術者がいないただの代理店の場合は、どうしたら十分な技術サポートを受けれるのか要確認。

・核種弁別の可・不可

核種が弁別できる機種かどうかの確認。ヨウ素131、セシウム134、セシウム137などの原発に起因する放射性核種の弁別する性能について確認する。自然界に存在する放射性核種カリウム40も含めた総ベクレル量しか測定できない機種は避けましょう。暫定基準値以上の汚染ならはじけるかもしれませんが、今、私たちが食品の放射能測定する理由はこどもたちを放射能から守ることです。

以上の情報を収集した結果、「こどものたべもの基金」では、応用光研工業の微量放射能測定装置 FNF401 を導入することに決定しました。ご参考にください。

上記の機種に限ったことですが、20分測定での精度を比較すると 応用光研>EMFジャパン>キャンベラジャパン>ベルトールドジャパン の順番になるかと思います。シンチレーターのサイズによって精度が左右されるようですね。

 

追加として、

メーカー名:ベルトールドジャパン 製品名:LB200 価格:約100万円 25mmシンチレーター使用。測定試料:500mL 検出限界値:カタログには20Bq/Lとありますがスペック的にどんな条件下においての数値なのか分かりません。大学のゲルマニウム半導体検出器で同じサンプルを測定して同じ数値が出たことはあるとのこと。核種弁別できない機種です。

 

 

測定器の種類とその違いについてはこちらをお読みください。以前の記事です。
食品の放射能測定についてメモ

http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1474
市民放射能測定所一覧

 

1 thought on “食品の放射能測定器のスペック一覧

  1. shakukenjo

    以前のコメント一覧

    わらわら♪HSP
    2011年8月6日 at 1:15 AM
    mixiでも色々教えて頂きましたが、この記事もとても参考になりました。
    本当にありがとうございます!

    地域の住民・生産者のための測定に加え、現行の国・県の検査で漏れているような食材・食品も調べていけるといいですよね。

    これからもどうぞよろしくお願い致します。

    返信
    shakukenjo
    2011年8月8日 at 4:00 PM
    わらわら♪HSP様
     コメントありがとうございます。広く情報を共有していきます。測定所の輪が全国に広がっていきますように。

    返信
    Pingback: 市民放射能測定所一覧 | 真宗大谷派 常福寺

    Pingback: 放射性物質検査機器の購入参考資料 | 社会起業家の挑戦日記

    tomex
    2011年8月19日 at 5:14 PM
    大変参考になりました。ありがとうございます。
    目黒区長に保育園などの給食食材を計測してほしいという要望を出すにあたり、機器の選定の参考資料を提出したかったのです。
    まさに求めていた情報です。感謝します。

    返信
    きはら
    2011年9月7日 at 12:22 PM
    非常に参考になります。ありがとうございます。

    返信
    Pingback: 食品の放射能測定器についてのページ一覧 | 真宗大谷派 常福寺

    Pingback: 放射線測定器比較 - 東葛ホットスポットで放射能と戦う父親のブログ

コメントは停止中です。