コンテンツへスキップ

2013年10月19日から20日にかけて、今年の報恩講(第一期)が勤修されました。ご講師は瓜生崇さんでした。
瓜生さんは、学生時代に浄土真宗親鸞会という宗教団体に参加され、長い間講師として活動されていました。その後、疑問に思うことがあり、脱会され、現在では滋賀県東近江市の真宗大谷派寺院のご住職をされています。真宗大谷派青少幼年センターのスタッフや脱カルト協会理事など、カルト問題に取り組んでおられます。今回、親鸞会時代のお話、脱会されてからお寺に入るまで、お父様との別れ、そして聞法のご縁の中でいただかれた南無阿弥陀仏のお話を熱くしっかりとお話くださいました。瓜生さんが如来様のお育てを確かに南無阿弥陀仏といただいて歩まれているのを感じました。ご門徒の皆さんと瓜生さんの求道の歩みを通したお念仏のおすすめをご聴聞できたことが何よりの喜びです。
ご法話の中身は来年から実働する出版プロジェクトでお読みいただけるようにします。kindle出版と紙媒体で、藤場さんのご法話と瓜生さんのご法話となんとか実現したいと思います。

1383462_423938267706441_159136644_n

 

2013年10月26日・27日にかけて報恩講(第二期)が無事勤まりました。ご講師の今泉温資さんにおかれましては、遠く新潟市から出講していただき感謝の念にたえません。今泉さんとのお付き合いは昨年二本松真行寺で出会って以来ですが、聞法道場の主宰としての大先輩、お念仏のご縁づくりの大先輩として既に大切なことをいくつもいくつも教えていただいています。道を歩まんとする時、先に歩んでくださっている方にたずねていくことが要でしょう。
この一年間、長田浩昭さんに始まり、早嵜和典さん、佐々木道範さん、藤場俊基さん、寺本菜都奈さん、山本龍昇さん、瓜生崇さん、そして今泉温資さんに至るまで8人のご講師に来ていただいて聞法の場を開いてきました。住職と私が話す日も合わせて、一年で法座は約30日間。一回あたりのご参詣は多くはありませんが、来年も引き続き頑張って参ります。お念仏の声が広がるご縁づくりに生きてまいります。もっともっと工夫しよう。工夫するのは楽しい。ご門徒の皆さんとお念仏の友としてお一人おひとりと出あっていきたいです。

imaizumi

秋の祠堂経会が勤修されました

さる2013年9月13日から16日の4日間にわたって、常福寺秋の祠堂経会が勤修されました。ご参詣いただいた皆様誠にありがとうございました。今年も仏法聴聞の場が相続されたこと、何よりの喜びでございます。

今年は、3人のご縁のある方々にご法話をお願いしました。

初日は、副住職がこの10年間かじりついて仏法を学ばせていただいている野々市市常讃寺の藤場俊基さんにご法話いただきました。猛暑の中、じっくりと「なぜ南無阿弥陀仏なのか?」を講題にお話いただきました。今回の法話こそは、なんとか至急起こして冊子化を目指します。おあずかりしているご門徒さんたちが聴聞にあまり親しんでいないのは、私の今までの怠惰ゆえです。少しでも親しんでいただけるように、何度も何度も読みなおして聞思できるような冊子をつくりたいです。
始まったばかりの歩みですが、ご門徒さんたちや有縁の皆さんとじっくり聴聞する営みを地道に続けていきたいと強く思いました。どんな結果になるかわかりませんが、のこりの人生そんな歩みできたら最高です。
4月の長田さんの法話に引き続いて同世代の友人がお参りしてくれて、法蔵菩薩の物語が現実に働いてることを感じたとか感想を聞かせてくれました。彼の存在がとてもうれしいです。長浜教区からも友人が参詣してくださいました。ありがたいことです。

DSCN1891s2日目・3日目はかほく市光明寺の寺本菜都奈さんが「繋がれてきたお念仏」を講題にご法話くださいました。節談説教の名人で知られた祖父明観さん由来の節をまじえながら、力強い声でお念仏をおすすめくださいました。3日目には、うんこを垂れ流しながら在所を歩きまわる飼い犬と、うんこを垂れ流したまま家の前に座って「母ちゃん 母ちゃん」とお嫁さんを待ち続ける在所のおばあちゃんのすがたを通して、必ず老病死する人間といういのちのすがたをお話くださったのが印象にのこりました。一人ひとり、その人しか話せないもの、その人しか出せない味というものがありますね。聴聞しつつ、いろいろと法話の勉強になりました。

1234925_410593965707538_2094982337_n

4日目は大聖寺教区上宮寺の山本龍昇さんが「自己批判力と共感力」を講題にお話くださいました。長年学ばれている善導大師の『観経疏』 を引用しつつ、わかりやすくお話いただきました。やはりお話上手ですね。いろんなたとえ話しをまじえてのご法話は、参詣された皆さんに大人気でした。
1240115_411246852308916_1621139974_n

以上

稲刈りシーズン真っ盛りですが、常福寺秋の祠堂経会が始まります。
今回は、3人のご縁のある方々にご法話をお願いしています。
初日13日には、ついに藤場俊基さんにご法話いただきます。
念願が叶いそうでとても楽しみにしています。
「ただ念仏すべし」の浄土真宗の教え、聴聞いたしましょう!
皆様のご参詣をお待ちしております。
どなたでもお参りいただけます。ぜひ!

2013年9月13日(月)~16日(月)午後2時から読経・法
午後4時20分ころには終了予定です。
法話
13日(金)藤場俊基師(野々市市 常讃寺)
講題「なぜ南無阿弥陀仏なのか?」
14日(土)・15日(日)寺本菜都奈師(かほく市 光明寺)
講題「繋(つな)がれてきたお念仏」
16日(月)山本龍昇師(加賀市 上宮寺)
講題「自己批判力と共感力」

今年も北陸聞法道場を開催します。城端別院が修復工事中のため福井県の吉崎東別院にての開催です。

北は、奥羽から南は四国まで全国各地から若人がつどいます。

熱にであいにきてください!

問い合わせ先は、下の三枚目の画像にあります。お申込みお待ちしています。

 

日時  2013年7月2日13:30~4日11:30

会場  吉崎東別院 参加費 全日程20,000円(宿泊費、食事代含む) 部分参加、聴講のみも可能です。

講義  長田浩昭氏 藤場俊基氏

講題  「下寺問題について」
970741_463307303752116_2127603486_n
971384_463307257085454_954317287_n428489_463307147085465_863077436_n

 

600668_375881365845465_1499165217_n

2013年6月5日(水)から7日(金)にかけて祠堂経会が勤修されました。お浄土へ帰られた大切な人をご縁として、生きている私たちが仏法にであっていく、大切なお参りです。お参りくださいました皆様、おかげさまで今年も祠堂経会を勤めることができました。ありがとうございました。

今回、震災ボランティアや聞法を通してであった友人たちが一緒に外陣出仕してくださいました。感謝です。

6日は、長浜教区要誓寺 早嵜 和典師が、東北の東日本大震災の被災地でのお念珠づくりを通しての人々とのであいの中で感じたことをお話してくださいました。震災はまだ終わっていない。私たちのことを忘れないでくださいという声を届けてくださいました。

946493_375882382512030_1661250880_n
法話の後は、早嵜 和典師の指導により、お念珠づくりに取り組みました。ゆっくり時間をかけて、それぞれのオリジナル念珠を仕上げて皆さん満足そうでした。お念珠づくりを通して、仏法聴聞のご縁ができれば何よりの喜びです。
お孫さん用につくっておられる方もいました。お念仏をお孫さんへつないでいくご縁にもなったらよいですね。

954762_375884279178507_1158303125_n7日は、福島県二本松市真行寺の佐々木道範師にお話いただきました。

福島第一原発事故以降、自らの子どもたち、そしてお寺で経営している幼稚園の子どもたちを被曝から守るために、食品の放射能測定、除染、夏休みなど長期休暇を利用した一時保養など、力を尽くしてこられました。その中で、響いてきた親鸞聖人の言葉が「いし・かわら・つぶてのごとくなるわれら」という言葉だったそうです。苦しんでいる者に寄り添う親鸞聖人。苦しんでいる者だけでなく、苦しめてる者も含めて苦悩する人間「われら」として立ち上がって生きていかれた親鸞聖人の言葉がだんだんと響いてきたそうです。どこまで頑張ってもどうにもならない現実。でも、その中で歩めるところまで歩んで行けよ。必ず浄土に迎えとるぞとの阿弥陀如来のご本願に照らされながら、佐々木師は歩み続けていくことを誓っておられました。願いは願いとして満足する。願いに生きてゆかん。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。

常福寺 副住職 畠山 浄

602281_375865412513727_1010575977_n

佐々木師の法話は、テープ起こしして、冊子にしたいと考えています。

佐々木師が写っている写真は画質が良くなかったために白黒でアップしました。

 

今年も春の「祠堂経会(しどうきょうえ)」の季節となりました。御仏の教えの中に人生を全うされた御先祖の方がたをしのびながら、自らに法を聞き開いて念仏の大道を往けよとの仏の願いに出あうお参りであります。ご一緒にご聴聞いたしましょう!御多忙の中ながら、お誘いあわせてご参詣下さいますよう、御案内申し上げます。            常福寺住職

日程 6月5日(水)、6日(木)、7日(金)
各日午後2時から読経・勤行・法話

《法話》
6/5(水)副住職

6/6(木)早嵜 和典師(滋賀県長浜市 要誓寺)法話とお念珠づくりをします。

講題「念仏申す我身」
早嵜さんは、東北の被災地でお念珠づくりのボランティアを続けている方です。法話40分ほどの後、庫裡広間にてみんなでお念珠づくりをします。とても楽しいですので、ぜひご参加ください。
講師からのメッセージ「東日本大震災を受け仙台出身の私が長浜(滋賀県)と東北を行き来し、ボランティアを通して想い感じたことをお話しさせて頂きます。「まだ、震災は終わっていません。私達を忘れないで下さい。おいていかないで下さい。」という仲間の声を聞き、私は本当に被災地の声をきけているのか。どうぞ、お参り下さい。お待ちしています。」

6/7(金)佐々木 道範師(福島県二本松市 真行寺)

講題「いし・かわら・つぶてのごとくなるわれら」
佐々木さんは、福島県で原発事故のためにばらまかれた放射能から子どもたちを守るために、食品測定・除染・安心してのびのびと外遊びできるように一時保養などの活動を続けておられます。その中で強く響いてきた親鸞聖人の「ただ念仏」の教えをお話いただきます。

2013harunoshidokyoe

renjnyoki989_n

2013年4月25日(木)午前10時より、常福寺蓮如上人御忌が勤修されました。
前日に、このたび合併いたしました西佛寺本堂より宮殿須弥壇が移設され、内陣のお荘厳がいっそう厳かなものとなりました。
正信偈のお勤めの後、兵庫県篠山市法傅寺住職長田浩昭師よりご法話をいただきました。
副住職も若坊守もご聴聞に集中するあまり、写真記録ができませんでした。申し訳ありません。

ご法話は録音してあります。後日、文字起こしして冊子化できたらと考えています。
近年参詣が減少気味でありましたが、今回は多くのご参詣をいただき大切な仏法聴聞の場となりました。
ご参詣いただいた皆様、おときの準備をしていただきました皆様、おかげさまです!
ありがとうございました。

真宗大谷派 副住職    畠山 浄

 

日時 2013年4月25日(木)
   午前10時から始まります。法話の後、おときがあります。

 今年も蓮如上人のお参りの季節がやってきました。
 蓮如上人は今から600年前にお生まれになられ、85歳でお浄土へ還られるまで、『正信偈』のおつとめや『御文』を通して、お念仏のみ教えを伝えてくださいました。特に北陸と御縁が深い方で、最後のお連れ合い様は、能登の出身の方と伝わっています。
 また、常福寺開基のご本尊は、蓮如上人の次の代の実如上人から500年ほど前にいただいています。私たちのところまでお念仏が伝わっているのには、蓮如上人のご縁が非常に深いのです。蓮如上人のご命日をご縁に、ご一緒にお念仏のみ教えに触れてみませんか。
 今年から蓮如上人御忌に、布教使さんのご法話をお願いすることになりました。今年の講師、長田浩昭さんは、もともとは能登のお生まれで、現在は兵庫県篠山市のお寺のご住職をされている方です。情熱的であると同時に、言葉に重みのある温かいお話をしていただけます。どうぞ、皆様お誘い合わせて、お参りください。
昨年までは、11時30分開始でしたが、変更となりました。ご注意ください。

法話:長田 浩昭師(兵庫県篠山市 法傅寺住職)

「今、なぜお念仏を申して生きていくのか?」
~「末代無智」の御文を通して~

お問合せ:0767-53-1392真宗大谷派 常福寺

蓮如上人御忌

真宗大谷派 常福寺は、親鸞聖人のお念仏の教えをお伝えするお寺です。

お寺での法要や、聞法会といった法座を通して、また、大切な方のご葬儀やご法事を

通して、お念仏のみ教えをお伝えし、共にお念仏をいただいていくことが真宗大谷派

常福寺住職ならびに副住職の役目です。

「まさに知るべし、もろもろの衆生は、皆これ如来の子なり」(『涅槃経』)

如来さまの前では、誰もが平等である。

誰もが例外なく、未来に佛になる身として見出されているということです。

親鸞聖人の『教行信証』という書物に引用されているお経の文です。

本当に自分であるということを喜んで生きているでしょうか?生まれてきてよかったと

死んでいけるような人生を生きているでしょうか?

私たちは、この人間という身を生きているかぎり、分別、つまり、良い・悪いという判断

を常に持って生きています。

自分のことに関しても、他人のことに関しても、いちいち比較して裁かなくてはおれな

い身を生きているということです。

如来さまから平等に見られていると言われても、「坊主のきれいごと」としか思えない

のが普通ではないでしょうか。

仏様の教えは、鏡のようなものです。私たちの迷いのすがたを映しだしてくださる仏

さまの御慈悲がお念仏というすがたをとって、私たちのところに届けられているのです。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ご一緒に称えましょう。

私が私であるということを喜べない私であります。生まれてきたよかったと死んでいけ

る準備がいつまでたってもできない私です。

私たちは、定まらない身を生きているのです。そのことを教えてくださるのが仏法です。

「まさに知るべし、もろもろの衆生は、皆これ如来の子なり」如来さまは呼びかけてくだ

さいます。

「十方衆生よ ただ念仏を称えよ」と。 ただ念仏申すものが生まれることを、

何よりも尊いこととして喜んでくださる仏さまです。

ただ念仏申すものが生まれることを、何よりも尊いこととして喜んでくださるのが親鸞様

です。

そしてその教えを大切に聞いてきたサンガ、お念仏の朋の世界です。

南無阿弥陀仏  ご一緒に称えましょう。

お念仏をともしびに、悩みながら、つまずきながら、共に確かめあいながら、お浄土へ

の一本道、ご一緒しませんか。

 

親鸞聖人のお念仏のみ教えを聞きたい、仏法を聞きたい方、ご一緒に聞法して参りま

しょう。

人生相談、仏事相談、お墓についてのご相談、ご連絡ください。

真宗の教えを親鸞聖人の言葉に学んでいきたい方、ぜひご連絡ください。お待ちし

ています。

真宗大谷派 副住職    畠山 浄