コンテンツへスキップ

思い通りになっていかない人生が駄目な人生というのでは、
私たちは生きていくことも死んでいくこともできません。
浄土真宗は、過去の結果である現在を、今の時を回復させる力です。

思い通り救われることをよしとするのでもなく、思い通りにならないことをよしとするの

でもない。

よしあしではなく、どのような現実が目の前に開かれていても、その現実を共に開い

ている「我ら」として生きるのです。

私たちが抱えているどのような苦しみも悩みも個人だけに帰するものはありません。

「いのちはみんなつながっている」と言う時、見落とされがちですが、私たちはつな

がりを生きているがゆえに苦悩します。

出会う縁によってその大きさはさまざまですが、人間として生きているからには、

私と無関係な苦悩などないのです。

今年も自殺者が三万人を超えました。

その現実と自殺しなかった私は無関係ではないと言われても当惑するだけかもし

れません。それでも、「私は大丈夫だから」とか「自殺する人はそういう人なんだ」

というような「わかった者」になるのではなく、縁によって誰にでも起こることとして、

目の前につきつけられた現実と悩みながら向き合い、それぞれが担っていけるだ

けの課題を担い合いながら生きていきたいものです。

人間の悩みは、心の持ち方や気晴らしで消えるようなものではありません。

むしろ、悩みを無いものにすることをよしとすることが、人間から生きる力を奪って

いるように思えてなりません。

DSCF1480

苦悩する人間を人間のあるべきすがたでないとしてしまっては、人間が人間とし

て生きて死んでいくことができなくなってしまうのです。

「悩みながら、今を生きる力 浄土真宗」

ただ念仏すべしとの教えの中からいただいている言葉です。

身を煩わせ、心を悩まし生きる者として、人間としてこの生老病死する一生を

生ききっていきたいのです。

長くなりましたが、 浄土真宗は、今を生きる力を育む無量なるいのちと光の流

れ、 ただ念仏すべしという教えです。

ただご一緒に念仏申していきましょう。 本年もどうぞよろしくお願いします。                                                                        合掌

真宗大谷派常福寺 副住職 釈 顕浄

真宗大谷派能登教務所を会場に毎月第3土曜日に開催されている真宗講座のご案内です。

真 宗 ーこの現実を生きるいのちー

を、テーマとして、毎月第3土曜日に能登教区が主催して開催する真宗講座です。

 真宗大谷派能登教区教化委員会  こころの広場実行委員会

聴講料:500円 

3/16《土) 

講 師 : 福島 栄子 氏 (金沢教区・本教寺)

4/21(日)

 教区御遠忌讃仰記念コンサート  出演者 : 鈴木君代・天白真央 

5/18(土)

 講 師 : 大窪 康充 氏 (金沢教区・浄土寺)

6/15(土)

 講 師 : 一色  孝 氏  (長浜教区・光西寺)

会場・お問い合わせは

真宗大谷派能登教務所

〒926‐0816   七尾市藤橋町テ9
tel 0767-53-0058  fax 0767-53-0057

 

2012/9/7、南相馬市の仮設住宅3ヶ所の集会所で交流スペースを運営されている 和みサロン「眞こころ」さんに、こどものたべもの基金から食品の放射能濃度を測定できるAT1320Aと空間線量計A2700を寄贈しました。
アドフューテックさんが設置するのに立ち会ってきました。
地域の人たちが生きる力の手助けのために広く活用されますように!
画像に写っているのは、眞こころの高田さんと松野さんです。私が南相馬市で出会った素敵な二人です。出会いをつくっていただいた高遠菜穂子さんに感謝!

bandicam-2012-10-30-02-40-58-265
2012年10月20日・21日本堂再建落慶法要・宗祖親鸞聖人750回御遠忌が勤修されました。

2007年3月25日能登半島地震によって全壊被災して以来、5年7か月にわたる御門徒の皆様・有縁の皆様の甚大なる御懇志と御尽力により、念願の常福寺本堂=聞法道場の落慶法要と親鸞聖人の750回御遠忌を勤めることができました。誠に有難うございました。 晴天に恵まれ、150人を超える参道列(稚児行列)もにぎやかに執り行われ、法要参詣と合わせて300人以上のお参りをいただきました。南無阿彌陀仏のみ教えを聴聞する聞法道場として再出発しました!南無阿弥陀仏。

真宗大谷派 常福寺

rakkei3SONY DSCSONY DSCSONY DSC

今月20日に、福島県二本松市で、こどもたちを放射能から守るために地域のお母さんたちお父さんたちと精一杯生きておられる真宗大谷派真行寺の佐々木るりさんを七尾市にお迎えして「福島に生きるお母さんの声を聞く ~鎌仲ひとみ監督『内部被ばくを生き抜く』上映会~」を開催します。
わたしにとりましては、昨年春の佐々木るりさんとの出あいが、昨年皆様にお願いしました、食品放射能測定器を贈るプロジェクト「こどものたべもの基金」が立ち上がるきっかけになり、おかげさまでTEAM二本松市民放射能測定室が成就しまして、地域のこどもたちのために役立っております。ありがとうございます。鎌仲ひとみさんの『内部被ばくを生き抜く』の中でも大きくとりあげてくださっていますし、

OurPlanetTVの動画
福島のいま 1年目の花見 二本松・同朋幼稚園
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1391

に登場するのもTEAM二本松と真行寺の皆さんです。動画にるりさんの声も聞こえます。あの花見にはわたしにも声がかかっていたのですが、お寺の仕事があり行けませんでした。

長くなりましたが、20日には、映画の上映の後、るりさんがお話くださいます。夫で【福島のいま】で右側二番目に写っている佐々木道範さんと『内部被ばくを生き抜く』に出ているお子さんたちも一緒においでます。ぜひ、この機会に七尾まで足を運んでいただき、彼らと出あっていただけたらうれしいです。つながっていきましょう。今こそつながりましょう。直接声を聞いて、私に具体的に何ができるのかを知り、そして行動しましょう。

「福島に生きるお母さんの声を聞く ~鎌仲ひとみ監督『内部被ばくを生き抜く』上映会~」
日時 7月20日 18時30分
講師 佐々木るりさん(福島県二本松市真行寺若坊守)
参加費500円
午後6時30分 開会 、『内部被ばくを生き抜く』上映
午後8時    佐々木るりさんのお話

会場で佐々木さんの活動にカンパをお願いします。

問合せは私の携帯までお願いします。

また、21日、22日に加賀市でも上映会&トークの予定です。
21日は光セン坊で時間はわかりません。お寺にお問合せください。
22日は山代温泉の専光寺さんで19時からです。

テーマ「これまでの50年 これからの50年」-こらからがこれまでを決めるー「当来の世に経道滅尽せんに、我慈悲哀愍をもって特にこの経を留めて止住すること百歳せん。それ衆生ありてこの経に値う者は、意の所願に随いてみな得度すべ氏」-『大無量寿経』下巻・流通分ー

《趣旨文》
今年は真宗同朋会運動50周年の節目の時。この身とこの世を生きる者が、その時代(とき)に遇うたという自覚があるならば、それは今後50年先を見据える責任を負うたという事に他なりません。昨年、宗祖750回忌と時を同じくして経験した「大震災・原発災害」は、私たちにたいする大転換を促すものと受け止めなければならないことは言うに及びません。
本来、同朋会運動の願いとは、このような時代社会の動乱の中で、それこそ慈悲哀愍をもって人類の方向性をしめすものでなかったのか。33年前、丸山照雄氏は次のように語っています。「60年代に起こった宗教運動の中で、たとえ試行錯誤をくりかえそうとも、その本質において現代仏教の改革をめざしていたのは「同朋会運動」のみであった」と。この言葉を私たちはどのように聞くのか。
この50年の間にあぶり出された自己自身の邪偽を勘決し、新たな50年に向けての一歩とならなんことを願い、この度の聞法道場を開催します。多くの皆様に参加くださいますようご案内いたします。

日時:2012年7月3日(火)~5日(木)
会場:城端別院善徳寺 研修道場
富山県南砺市城端405  TEL0763-62-0026
参加費;全日程 20000円(宿泊費、食事代含む。賛同金も募集しています)

講師 藤場俊基氏、玉光順正氏

日程
7月3日(火)
午後
1:30開会
2:00道場長挨拶
2:30講義 藤場俊基氏 講題「真宗同朋会運動とは、どんな運動だったかのか」
4:30夕事
5:00夕食・入浴
7:00班別座談
9:00終了

7月4日(水)
午前
7:00朝事
7:30朝食
9:00講義 玉光順正氏 講題「丸山照雄と真宗同朋会運動」
10:00班別座談
12:00昼食
午後
1:00講義 玉光順正氏
3:00班別座談
4:30夕事
5:00夕食・入浴
7:00全体攻究
9:00終了

7月5日(木)
午前
7:00朝事
7:30朝食
9:00全体協議会
11:00閉会
11:30解散

※都合により日程を変更する場合があります。

申込みは、私畠山浄まで、もしくは、教区世話人までどうぞ。

教区世話人

富山教区 永崎暁、見義智証
高岡教区 加賀田栄香、菊池正人、宮地修
能登教区 畠山浄
金沢教区 今井優悲
小松教区 加藤雅輝
大聖寺教区 日輪道明
福井教区 佐々本尚

又は、事務局 山本龍昇
〒922-0825 石川県加賀市直下町タ35 TEL0761-72-1543 携帯090-4689-2937までどうぞ。

 

国から「放射能・放射線測定を行う試験所・検査機関 についての認定指針 - ガンマ線スペクトロメトリーによる食品等の放射能濃度測定-」が出てました。最近少し余裕がでてきたので更新を再会していきます。
http://www.jab.or.jp/cgi-bin/bal/pdf/lab/dl_file.cgi?dl_file=RL3642012V2.pdf

[flv:http://www.nanaoarchive.com/shioya.flv 480 360]
2012年3月4日(日)テレビ金沢放送
いしかわ大百科 シリーズ・歴史を刻んだ一族③『所口の賢人 ~豪商・塩屋家~』

七尾の江戸時代の豪商塩屋一族について取材を受けました。
テレビ取材を受ける機会は十年に一回あるかどうかだと思いますので、しどろもどろになりながらもなんとかお話させていただきました。

恥ずかしいですが、七尾のことを知って欲しいので、動画をしばらくの間アップしておきます。

石川県民大学校放送利用講座でもあるそうです。

以前つくった塩屋一族についてのサイトはこちら
http://www.nanaoarchive.com/shioya/shioya-index.html