コンテンツへスキップ

NBB能登仏教青年会主催

お寺カフェ   参加費 無料

9 月13 日(火)の夜7時から9時頃まで、お御堂で広く空間をとって、お茶を飲みながらゆったりと語り合う時間を過ごしたいと思います。講師は、林 史樹さん(高岡市)です。今回のテーマは、
「「健常」ってなんだろう?「障害」ってなんだろう?」です。一緒にこの大事なテーマについてゆっくりと語り合ってみませんか。林さんのお話(30分)の後、座談をします。ご参加お待ちしています。参加費無料です。

毎日法話があります。どなたでもお参りいただけます。
新型コロナウイルス感染予防をしながらお聴聞いたしましょう。
ライブ配信があります。
こちらでお聴聞ください。
https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg/

日時 9月13日(火)より16日(金) 
     
法話の御案内 午後2時半頃より休憩を挟んで4時まで

 講師紹介その① 13日・14日
  林 史樹 師(高岡市 要願寺)
【講題】あなたも わたしも おんなじいのち

 私たちはそれぞれの命を生きていますが、みんな同じいのちを生きています。私たちがつくる社会には、同じいのちを生きていくことを阻害している現実があります。仏法をとおして、みんなが大切にされる社会の姿を想い描いてみましょう。

講師紹介その② 15日
  霊崎 秀史 師(志賀町 長光寺)
【講題】
私のちから、如来のちから

 なごりおしくおもえども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、かの土へはまいるべきなり。(『歎異抄』)
 娑婆の縁が尽きるその時まで、この身を生きていくには「ちから」が必要です。私たちはそのちからで、人生において何を為そうとしているのでしょう。
 そして、「本願他力」といわれる阿弥陀さまのちからは、私のちからとどこが違い、どこで通じ合うのでしょうか。

 講師紹介その③ 16日
  廣瀬 彰一 師(穴水町徳善寺)
【講題】
 今、このコロナ禍だからこそ

 長引くコロナ禍に皆様はどのような困難にあっておられますでしょうか。お寺におきましても、お仏事・法要の中止・延期・省略・短縮など様々な影響が出ております。親のお葬式に行動制限で参列出来ずに涙を枯らした方もおられました。
 親鸞聖人の弟子、唯ゆいえん円が書かれた『歎異抄』に、
 おのおの十余か国のさかいをこえて、身命をかえりみずして、たずねきたらしめたまう御ここざし、ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり
と示されております。当時、京都の親鸞聖人を訪ねた関東の門弟の苦労は想像を絶するものです。現代、東京から京都は新幹線での所要時間は二時間十分だそうですが、それも今このコロナ過で行動が制限されれば利用することも出来ません。救急車も搬送先の病院が見つからなかったら役割を果たせません。現代の私達も物の豊かさや便利さはあっても、様々な悩みや苦しみ・悲しみを抱え、受けることには変わりはありません。
時代も所も人も隔てることない、お念仏の教えを皆様とご一緒にお聴聞させていただきます。

2022年6月6日(月)、7日(火)両日とも午後2時から読経、2時半過ぎから4時頃まで、ご法話の予定です。どうぞお参りくださいませ。

講師:隆 彰見 師(七尾市大野木町 聖徳寺住職)

YouTubeライブ配信は、午後2時半過ぎ頃から開始予定です。以下のリンクからどうぞお聴聞くださいませ。
浄土真宗の法話!西佛山常福寺チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg

今年も新型コロナウイルス感染対策をしながら、蓮如上人の御忌をお勤めします。今回はいつも歴史のことでお世話になっている木越祐馨さんに能登の真宗門徒の歴史を通してご法話いただきます。

日時 2022年 04月 25日 (月) 10時 00分 から12時00分頃

午前10時よりおつとめ  10時30分頃より12時頃まで法話です。

法話 法話はYouTubeでライブ中継します。

講師 木越 祐馨 師(石川県 輪島市門前町 光琳寺住職)

内容 七尾を中心とした能登の真宗門徒のお念仏の歴史

ライブ配信https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg




Closeup on lotus petal,Shallow Dof.

 阿弥陀さまのお慈悲の光のもと、今年も皆様とご一緒に仏道を歩ませていただきたく、ご挨拶申し上げます。
 さて、新型コロナウイルスに振り回され続けての二年間が過ぎ、いよいよ三年目に入ってしまいました。現在もオミクロン株が猛威を振るい続けております。もうしばらくすればピークが過ぎるとの予測ですが、終わっても次の波がまた来るのではと、不安は続きます。
 南無阿弥陀仏の仏道は、安心の道であります。一方、私たち人間の人生は言ってみれば不安の道ともいえます。一時的な安心は手に入れることができても、いつまでもかたちの変わらないものは何もありません。そんな人生の中に南無阿弥陀仏の仏道をたまわるということを、ある先輩は、「不安に立つ」という言葉で表されました。不安がなくなって安心というのはありえない。不安の中に立つことができる人生をたまわる。それが安心ということでしょうか。今年も、ご一緒に手を合わせてお念仏申し、お聴聞してまいりましょう。

親鸞聖人報恩講の御案内
 ①十月三十日(土)午前十時から十二時頃
 ②十月三十日(土)午後二時から四時半頃
 ③十月三十一日(日)午前十時から十二時頃
                  おときはありません。
 法話と歌:鈴木 君代さん
          (京都市・僧侶・シンガソングライター)
※今回はライブ配信は人手が足りないのでできません。後日録画を配信できるかもしれません。
※人数を制限してお勤めしますので、調整するため、参詣される方は事前にお申し込みください。

法 要 日 程
十月三十日(土曜日) 
①午前の部 午前十時から十時三〇分頃 勤行 
      午前十時三〇分頃から十二時頃 法話と歌 
    講師 鈴木 君代 さん
②午後の部 午後二時から午後二時三〇分頃 勤行 
     午後二時三〇分頃から三時三〇分頃 法話と歌
    講師 鈴木 君代 さん
       午後三時三〇分頃から四時三〇分頃 『御傳鈔』拝読   
十月三十一日(日曜日)
③午前の部 午前十時分から十時三〇分頃 勤行
      午前十時三〇分頃から十二時頃 法話と歌 
    講師 鈴木 君代 さん
       午前十二時頃 記念写真撮影

毎日法話があります。どなたでもお参りいただけます。
新型コロナウイルス感染予防をしながらお聴聞いたしましょう。
ライブ配信がある場合と録画配信の場合があります。ご確認ください。
ライブ配信ページはこちらです。
西佛山常福寺チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg

日時 9月13日(月)より16日(木) 
   午後2時より4時  読経・勤行後法話
   
法話の御案内 午後2時半頃より休憩を挟んで4時まで

13日(月) 藤場 俊基 師(野々市市 常讃寺)録画配信予定
講題「南無阿弥陀仏の安心」

14日(火) 林 史樹 師(高岡市 要願寺)ライブ配信予定
講題「私は神さまも仏さまも信じていますが、それではいけないのですか?」
15日(水) 林 史樹 師(高岡市 要願寺)ライブ配信予定
講題「亡き人は今どこにいて何をしているのですか?」

講師からのメッセージ
「浄土真宗で はこう答える」という「答え」に身を置くので はなく、私自身の「問い」として考えてみたいと思います。

16日(木) 寺本 菜都奈 師(かほく市 光明寺)ライブ配信予定
「穢を捨て浄を欣い、行に迷い信に惑い 」

休憩中に一度かごがまわりますので、お志をお入れください。

2021年6月6日(日)お寺カフェ真宗入門講座の動画、6月7日(月)祠堂経会法話の動画はこちらです。下記のリンクをクリックしてください。

https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg


今回はYouTubeのみでの開催です。ご理解くださいませ。
https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg

NBB能登仏教青年会主催
お寺カフェ 真宗入門講座

[日時]6月6日(日)PM7:00~9:00
[会場]西佛山常福寺 七尾市相生町91番地
お話しする人 佐々本 尚 さん (鯖江市専光寺住職)

今回のテーマ 
「「念仏もうしそうらえども」

 
 お念仏申し、聴聞を重ねても一向にスッキリしない。仏法に出遇うためにこれまでの人生があったのだと感動したとしても長続きしない。親鸞聖人ご在世の時からあった悩ましい問題です。改めて歎異抄の言葉を通して、念仏申すという事を確かめたいと思います。

今回は石川県緊急事態宣言中ですので、感染防止のためYouTubeのみの開催です。

西佛山常福寺祠堂経会法話

今回はお御堂では住職のみで読経し、法話はYouTubeで配信のみとなりました。
春の祠堂経会の御案内

日時 6月7日(月)午後2時から午後4時
                YOUTUBEライブ配信は午後2時半頃から
     祠堂総読経・正信偈のお勤め・法話
講師 佐々本 尚 師(福井県鯖江市専光寺) 
講題  おばあちゃんのお経

講師からのメッセージ 
私の住んでいる地域では昔から「おばあちゃん(おじいちゃん)のお経様があがるで」と若い人を法事や永代経に誘うという習慣があります。本来お経はあらゆる人の為に説かれた教えですから、「おばあちゃんのお経」などというものは無いのですが、肉親の情に訴えてでもお参りさせたいという願いが習慣となったものでしょう。その習慣にはお参りした1人1人がお経(教え)に出遇う事が願われているのでしょう。

録画は3週間限定で公開する予定です。どうぞお聴聞ください。

4月24日の真宗入門講座のライブ配信はこちらです。下記のリンクをクリックしてください。当日、リンクがうまくつながっていませんでした。ごめんなさい。今後そういうことがありましたら、「西佛山常福寺チャンネル」のトップからお入りください。こちら→https://www.youtube.com/channel/UCHx1qGtGyqO9sq1hgkjBBLg

4月25日(日)の蓮如上人御忌の法話ライブ配信 
午前の部はこちらのリンクをクリックしてください。

https://youtu.be/Vi572g28vFw

午後の部はこちらです。

https://youtu.be/00RuW0byQM0