蓮如忌、市民公開講座、正信偈の会が開催されました。

4/24夜から4/25午後にかけて市民公開講座、蓮如上人御忌、正信偈の会と、瓜生崇さんに3座お話しいただきました。3座でのべちょうど100名でのご聴聞でした。新聞に折込チラシもしましたが、全体でトントンになりほっと安心。
NBB能登仏教青年会主催の市民公開講座は、折込チラシの影響で10名近く参加がありました。平均年齢も40代から50代くらい?お昼の法座より若くなります。
蓮如忌のおときの時にご門徒の疑問に丁寧に応えている瓜生さんの姿がありました。誠実なねこさんでした。
役員さんの役割分担も前よりも少しずつ前進。梵鐘と喚鍾の係、講師担当など増えました。現在進行形の聞法道場です。


市民仏教講座の様子。瓜生崇さん(滋賀県東近江市玄照寺住職)が、オウム真理教の後継団体アレフの問題を通して正しさに迷う私たちの在り方を問うてくださいました。


蓮如忌の様子。『仏説観無量寿経』の「王舎城の悲劇」のお話しを丁寧にしてくださいました。

蓮如忌、市民公開講座、正信偈の会が開催されました。 はコメントを受け付けていません。

Filed under 法要・聞法会

Comments are closed.